読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日栄交通〜猫とタクシー〜

さいたま市を走る小さなタクシー会社日栄交通で拾われた猫とタクシーのお話

常務、猫の手も借りたい

いろいろと頭の中身を整理しなくてはいけない時期に差し掛かってきている(・_・)

 

「経営者は考えるのが仕事だからオンとオフはない。オンとスタンバイしかないんだ」

 

以前通っていた経営塾で教わった教訓である。

 

ずーっといろんなこと考えてたら

 

「常務!独り言言ってますよ!きもっ!」

 

と、笑われました。

こんにちは。

ジョームルーカスです(・_・)

 

 

うちの五十六先生は相変わらずおもちゃを追いかけてる寝てるかで、くその役にも立ちません!

 

 

 

「何?」

f:id:nichieitaxi:20160224163835j:plain

 

 

f:id:nichieitaxi:20160224163920j:plain

 

この調子である。

 

 

 

今日は専務が遊んであげようとおもちゃを買ってきてくれた。

 

 

 

「なんだそれ怪しいな!!」

f:id:nichieitaxi:20160224164054j:plain

 

 

 

 

「なんか出てくる!?やめっ・・・やめろよな!!」

f:id:nichieitaxi:20160224164134j:plain

 

 

 

 

イター(・_・)

f:id:nichieitaxi:20160224164238j:plain

 

 

 

今日の猫猿

f:id:nichieitaxi:20160224164308j:plain