読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日栄交通〜猫とタクシー〜

さいたま市を走る小さなタクシー会社日栄交通で拾われた猫とタクシーのお話

イスが出てくるよー

どうもこんにちは。

 

いつものように朝五十六を追いかけまわして

 

やっとの思いで捕まえて

 

いつものカゴに入れて

 

 

玄関に置いたまま出社した常務です(・_・)

 

会社に着いて気付きました。

 

社長に「早く取りに帰りなさい!!」

と怒られ玄関で休んでいる五十六を迎えに行きました。

 

f:id:nichieitaxi:20160528094650j:plain

五十六「おめー何やってくれてんだよ( ゚Д゚)」

 

 

ちなみに自慢じゃないですが僕はランドセルを忘れて学校に行ったり、ライブをするのにギターを忘れて行ったりするお茶目なタイプなので今に始まった話じゃないんですけどね(・_・)

 

 

そしてこれは自慢話なんですけど新車にウェルキャブ入れました。

これ入れてるタクシー会社あるのかな?

多分ないだろうな・・・

 

 

高いもん(・_・)

 

これも自慢話なんですけど、この車は乗務員さんが現場の声としてしつこく説得してきて決まったのです。

 

 

 

f:id:nichieitaxi:20160528184902j:plain

「常務!イスが出てくる車入れてくださいよ!」

f:id:nichieitaxi:20160528184855j:plain

 「え?やだ!高いもん!」

 

f:id:nichieitaxi:20160528184858j:plain

 

「そのくらい困ってるお客様がいるんですよ?抱えて乗せてあげないと行けない方がたくさんいるんですよ!?」

 

f:id:nichieitaxi:20160528184854j:plain

「ずーるーくなーい!?お客様のニーズ出してくるのずーるーくーなーい!?」

 

f:id:nichieitaxi:20160528184906j:plain

 「ちっちゃいなー!元取れるくらい頑張るから入れてよ!」

 

f:id:nichieitaxi:20160528184851j:plain「よっしゃ!やったろ!社長には内緒で!!」

 

 

 

 

ジャーン

f:id:nichieitaxi:20160528094814j:plain

 

そもそもタクシー会社というのは余計なことをする資金が出ない仕組みになっているのでボロイ車でも長ーく使ってなんとか利益を絞り出すのが常識とされているのです。

 

ステッカーにお金かけたり、ウン十万足してウェルキャブにしたりとかブログのために何度も写真を撮り直したりとか

 

 

 

 

アホの極みなのです(・_・)

 

最近はユニバーサルデザインタクシーと言って車イスごと乗れるタクシーも増えてきましたが、実際車イスごと乗る方は福祉タクシーを利用していたりする場合が多いので今回はその間を取ってウェルキャブにしました。

 

 

 

ウェルキャブってなーにー?

 

こんなやつです

f:id:nichieitaxi:20160528094717j:plain

 

 

社長も試乗です

f:id:nichieitaxi:20160528094729j:plain

 

現在一台だけ毎日運行してますが結構好評で乗務員さんも

「お客様に喜んでもらえたり、びっくりされたりして楽しい!」

と言って中々帰って来てくれません( ゚Д゚)

 

やたらとイキイキ走ってる車を見かけたらよろしくお願いします(・_・)

 

 

今日のあげないよ!僕のだからあげないよ!

f:id:nichieitaxi:20160528094747j:plain